婦人

幼稚園教諭の資格を大学で取得しよう|免許状の種類を知る

介護の現場に必要な人材

介護

現在世間的に求められている職業として注目を集めているのが介護福祉士になります。介護福祉士は高齢者や身体の不自由な人の介護を行なう専門職になります。国内では今後も高齢化が進んでいくことが予想されているため、介護現場のリーダー的役割として介護福祉士の存在に多くの注目が集められています。そして介護福祉士は介護の中でも上級資格として人気が高い国家資格になります。そのため介護福祉士の資格を所有していれば、今後のキャリアアップや社会的ステータスの向上につなげることも可能です。

そんな介護福祉士の業務は、主に3つの分野に分けることが出来ます。まず1つめは「身体介護」です。身体介護とは食事やお風呂、車いすを使用した移動や補助、生活動作の介助などを行なうジャンルになります。2つめの分野としては「相談助言」というものがあります。相談助言では介護施設を利用しているご本人やその家族の方から、介護に関する相談を受けた際にアドバイスを行ないます。介護業務のプロならではの的確なアドバイスが求められます。そして3つめが「生活支援」です。生活支援では、介護が必要な方の生活に関わる家事、身の回りのサポートなどを行ないます。また介護福祉士は、これら3つの業務の他にも、ヘルパーさんの指導や介護計画作成といった業務も兼任することがあります。

介護福祉士が活躍している現場としては、大きく分けると在宅現場と介護施設の2つになります。介護施設だと、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、老人保健施設など活躍できる現場は様々です。また介護福祉士として多くの経験を積めば、その専門知識の豊富さや実務経験が大きく評価されるため、自分の才能をいかんなく発揮できる環境で働くことが出来ます。