婦人

幼稚園教諭の資格を大学で取得しよう|免許状の種類を知る

保育士は国家資格

子供

最近では保育所や保育士が不足していることで、待機児童の増加が問題になっています。そのため、国内における保育士の需要は以前にもましてかなり増えているのです。これから保育士という職業に少しでも興味があるという人は、保育士になるメリットや必要な資格の内容を確認しておきましょう。あなたの才能をフルに発揮できる現場がそこにあるかもしれません。

まず保育士とは、保育所や児童養護施設などの児童福祉施設で保護者の代わりに児童保育を行なう子育ての専門家になります。保育士は厚生労働省の管轄におかれ、児童福祉法という法律に基づいて保育活動を行ないます。保育園に入園する対象児童は0歳から就学前というのが一般的です。また保育園は学校ではなく児童福祉施設になるため、世間一般でいう「保育園の先生」は「福祉従事者」ということになります。

そんな保育士と幼稚園教諭を同じジャンルでとらえる人も多いです。しかし、保育士は先ほどもご紹介したように学校の先生ではありません。一方幼稚園教諭は文部科学省の管轄の元、学校教育法に従って教育を行ないます。そのため幼稚園は保育を行ないながら、心身の発達をサポートする学校と位置づけられています。

保育士の資格は、幼稚園教諭のように指定養成施設として認可されている学校で学ぶ必要はありません。受験資格を満たしている人が、保育士試験に合格すれば資格を取得することが可能です。そして保育士の資格は国家資格になるため、資格取得後は活躍できる場が多いというのも大きな魅力になります。