文房具

幼稚園教諭の資格を大学で取得しよう|免許状の種類を知る

保育士は国家資格

子供

保育士の資格を取得するためには幼稚園教諭のように指定養成施設で学ぶ必要はありません。受験資格を満たし、試験に合格すれば誰でも保育士の資格を取得することが出来るのです。

More...

幼稚園協に必要な資格

保育士

幼稚園教諭になることを将来の夢や目標として掲げている人は多いでしょう。幼稚園教諭は小さな児童たちを指導するということもあり、資格保有者でなければ職務に就くことができません。幼稚園教諭になるための心構えや、職務に就くために必要な資格の種類を把握しておきましょう。

幼稚園教諭に向いている人の共通点としては、責任感が強く真面目、まめな作業が苦にならない、子供が大好きといった項目を挙げることが出来ます。また信念をもって行動する人や、自身を持ってアクションを起こせる人も幼稚園教諭に向いていると言えるでしょう。そして性格的に明るい人の方が、小さな子供たちに安心感を与えやすいかもしれません。

幼稚園教諭になるために必要な免許状は専修免許状、一種免許状、二種免許状というように3つの種類に分けることが出来ます。それぞれの免許状でその内容や意味合いは全く異なります。幼稚園教諭を目指すのであればこれらの違いを知っておかなければなりません。まず専修免許状は4年制大学を卒業後に大学院修士課程の専攻科で取得することが出来ます。こちらの免許は全国各地域で有効な資格になります。次に一種免許状は4年制大学の幼稚園教諭養成課程を卒業した後に取得することが出来ます。そもそも幼稚園教諭課程が設立されている4年制大学の数が少ないので、一種免許状を保有している人は比較的少ない傾向にあります。最後に二種免許ですが、こちらは短期大学や文部科学大臣に指定された専門学校で取得することが可能です。二種免許状は通信教育でも取得できる免許になるため、その他の免許状に比べて比較的入手しやすいのが特徴です。

試験に合格する秘訣

男性

50名以上のスタッフが在籍している事業所では、国家資格である衛生管理者資格を持っているスタッフが1名以上いなければなりません。衛生管理者試験に合格するためには、出題される科目を全体的に学ぶことが大切です。

More...

介護の現場に必要な人材

介護

介護福祉士は世間的に需要が高い職業になります。介護福祉士は上級資格の中でも人気が高い国家資格になるので、取得していれば今後のキャリアアップに活用することが出来るでしょう。

More...